女性の印鑑

女性イメージ

印鑑というと事務用品と言うイメージがつよいですが、今は、印鑑もかわいいものを持ちたいと言う女性が増えています。
女性の社会進出が進み、女性の印鑑を使用する機会が増えたからのようです。
素材もカラフルなものを使い、きらきらした飾りでデコレーションしたり、ネイルアートのようにペイントするのが流行のようです。

女性は実印を作る場合、苗字で作るか、名前で作るか、フルネームで作るか悩みますよね。
苗字で作ってしまうと、結婚後もし苗字が変わったときにせっかく作ったものも使えなくなってしまいますし、名前だけだと何だか寂しい感じがするという人も少なくありません。

フルネームで作ると、サイズが大きくなってしまうこともあります。
女性なのにあんまり大きいものを使うのも物々しいし…と悩まれるようです。

【印鑑のおすすめサイト】
印鑑卸売市場は、高品質の印鑑や実印を卸売価格で作成し最短即日出荷!

今は、結婚前に女性が車の購入などで実印が必要な例も増えています。成人を機に親がしっかりしたものを作って、贈るということも多いようです。

最近は名前のほうだけの印鑑もよく見かけるようになって、女性の社長が名前だけの印鑑を使っていることもありますから「名前だけの印鑑って変」というほうが、非常識だと言われてしまうようです。

ただしサイズは、結婚後の旦那さんとのサイズの兼ね合いも考えて小さめのものを選ぶのが無難のようです。
可愛い印鑑も増えていますし、女性も「どうせ結婚するから…」と、気後れせずに、堂々と自分の実印を使えるのは良いことですね。

ただし、実印の登録は各自治体で大きく違うようなので、登録の際は一度自治体に問い合わせることをおすすめします。

ページの先頭へ